プロミスの審査に通るための審査基準とは?

カードローンでお金を借りるためには

急な飲み会の誘い、友人の結婚式を代表として急にお金が必要になることはよくあることだと思います。そんなときにカードローンがあれば即日お金をATMから借りることができ、家計の強い味方となってくれます。

そもそもカードローンとは、あらかじめ借りられる金額の枠が設定され、その枠の範囲内で反復してお金を借りることができ、毎月の返済額は借りた残高に応じて月々○○千円と決まった金額が引き落とされたり、直接ATMで返済する特徴がある商品です。

お金を借りるために必要なカードローンカードを発行する際には、審査が必要となります。審査の基準は「申し込みをする人がその金額を返済できるか」です。

返済できるかを判断するために、年収などの収入状況、勤続年数などのほか、過去他社で借入をしていないか、またその返済状況はどうかなどの情報を信用情報機関を使って収集します。信用情報機関に登録されているものにはクレジット会社での信用情報や、銀行での信用情報などがありそれらを総合的に判断する材料のひとつとしています。

では、審査にとおるためにどうしたらよいか?というと、申し込みを受ける側からすると「この人は返済できる人」という判断をしてもらうことが大事です。

具体的には直近に他社からローンの借り入れをしている場合に約束された返済日に遅れていないことや、複数社から借り入れを行わない、申込書に嘘は書かないなどです。もし直近に支払いが滞っている場合は半年ほど期間あけて申し込みをされるのもいいかもしれません。ただし、その期間に返済を滞っていないことは大前提ですが。

カードローンの審査は楽な人とそうでない人がいる

いざという時に使えれば便利なカードローンですが、その審査は簡単なようで簡単ではなく、申請する人の状況によると言えます。審査の基準として一番大事なのが申請者に貸した金額を返す能力があるかどうかです。

最近では専業主婦の方もローンの申請ができるようになっていますので借りる側は主婦やサラリーマンと幅は広いですが、いずれも重要なのは返済する能力です。主婦の方でしたら旦那さんの収入があり、家賃など経費を引いた上で支払いする事ができるかを調査され、そこを審査基準としています。

サラリーマンの方は自分の収入、そして他に借りている会社、借りている金額をチェックされます。申請時に借りている会社、金額などは自己申告をしますがこの時に嘘の申告をするとその時点で信用がなくなり、審査には通らなくなります。情報が嘘か真かは日本信用情報機関という申請者の情報を全て管理している機関で知る事が可能です。

この機関は現在返済している状況や返済が滞った情報など全てを把握しています。一度返済が滞ってしまうと機関でブラックリストに載ってしまい、しばらくの間は信用がなくなってしまいますので、滞納した場合も審査は通りにくくなってしまいます。

審査に通りやすい状況にあるのは仕事をしていて他に借入が全くないクリーンな方です。その方は自分の状況を正直に申請時に公表し、申請をすれば審査を通るのは容易いです。他に借入がある場合は金額にもよりますが4件以上になってしまうと返済能力がないと判断され、審査を通るのが困難となってしまいます。

返済が一番しやすい借入の少ない会社から減らし、返済する能力はあると信用情報機関に示してから申請するのが対応策と言えます。

関連記事
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です