ごみ屋敷

家屋がごみで囲まれた状態にある建物をごみ屋敷というわけですが、ごみ屋敷は近隣住民に対して迷惑となる場合が多々あるため、社会問題となっています。ごみ屋敷は、周りの風景を壊して見栄えを悪くします。さらに、放置されたごみ類には害虫などが集まってきて衛生面について悪く、異臭が発生するケースもあります。他にも可燃性のゴミ類があれば、引火する可能性も出てきて、火事などの危険性も出てきます。そういったことでごみ屋敷は周囲に住む人たちに多大な迷惑になることが多く、弁護士などに相談して対処を考えたりするケースがあるようです。ごみ屋敷が形成される要因は一つに絞れるものではなく、いくつもの原因があります。その中で特徴的と言えるものがあり、「ADHD」と呼ばれる病気のことです。「ADHD」は日本語では、注意欠陥・多動性障害などと訳される脳の障害で、いって見れば、注意力が散漫で集中できないといった特徴が脳の機能に問題があるとして、一種の病気であると定義されます。そして、その症状の一つが「片付けられない」ということになります。ただし、「片付けられない」から「ADHD」である。というわけではありません。病院に行き然るべき検査を受けて、医者からそう診断されて「ADHD」と認定されるわけですね。今一例を挙げたとおり、ごみ屋敷ができる要因というのは、多分に人の心理的要因が影響を与えています。「ADHD」は脳の機能障害なので少し違うと判断できるかもしれませんが他の要因としてセルフネグレクトがあります。セルフネグレクトは自分に対する興味・関心がなくなり、何の行動も取らなくなる心理状態です。食事をとる、入浴する、着替えるなどなど、様々な自主的な行動をとらなくなることです。主な原因は、「孤独感を感じること」と言われており、親しい人との別れや、社会との関わりが希薄になることで起こると言われています。大切な人との別離はとても悲しいものです。そのため心を病んでしまい何もしなくなる、それがセルフネグレクトです。その解消方法は再び誰かと親しい関係を築く、社会とのかかわりを再度持ち一人ではないという認識をもつことなのだとか。他にごみ屋敷ができる要因についても記載してみましょうか。他の要因は、ものに対して執着心が強く、たとえごみであっても捨てられないという考えを持っている場合です。一種の収集癖といったものでしょうか。これも個人の精神的、心理的なものが要因となっていますね。ごみ屋敷は人の心が多分に影響して作られるものであるようです。【ごみ屋敷】ごみの処分、片付けは個人ではなく大勢で

日々の日課で

日々の日課で散歩している人は多いと思います。自分も、歩くことを目的として、行き先に頓着しないで散歩をします。そうすると、思いもしない意外なものを見かけたり、発見することがあるものです。お墓がぽつんと存在しています。周りにお墓はなく墓地という雰囲気なわけではないのですが、ぽつんとあります。よく手入れがされており、朝の早い時間帯ということもあるのかもしれませんが、陰鬱な雰囲気はみじんとも感じることはありません。ああ、受け継いでくれる人がいるのだなぁと思い歩を進めます。近年人の生活習慣が変わり、核家族化が進んでしまいました。また、少子高齢化ということで多数の老齢の方に比べて、若年の方の割合が少ないこともすでに周知となっています。その結果、お墓の継承者がいなくなってしまった家族というのも、珍しくはなくなってしまいました。あとを受け継ぐ者がいなくなったお墓は、無縁墓という扱いになります。約1年ほどは霊園や寺院の管理者が維持してくれますが、その間に縁故者が見つからなければ、合祀され、他の複数の方と同じ場所に埋葬されてしまいます。一度合祀されてしまうと後から取り出したりすることは不可能です。そのため、墓じまい・改葬を行う際には親族との綿密な話し合いが必要となります。お墓を無くしてしまうことに納得いかず反対される方は、やはり出てくるものだからで、あとから「反対する」ということになっても合祀した後では取り返しのつかないことになっています。そうならないよう、話し合いをしっかり行い、満場一致というの難しくてもある程度の妥当性をもって理解してもらうよう努めなければなりません。墓じまい・改葬を行うにあたっての第一関門と言えるものでしょう。他にも現在埋葬されている霊園・寺院の管理者に墓じまいの意思を伝えなければなりませんし、受け入れ先の霊園・寺院を探して受け入れてもらわなければなりません。これには、実務的な側面もあり、現霊園・寺院管理者に「埋葬証明書」受け入れ先霊園・寺院に「受け入れ証明書」をそれぞれ取得しないと改葬許可が下りません。二枚の証明書をもって自治体に行き改葬許可申請をすると改葬許可書をもらうことが出来ます。改葬許可証とご遺骨を持って受け入れ先霊園・寺院に預かって貰うことでご遺骨の改葬は終わりといえます。しかし、改葬・墓じまいは現お墓をもとの更地まで戻すことまでになるので、やることはまだまだあることになります。そもそも、ご遺骨をむやみに取り出すことはできないので、僧侶の方にきてもらい、開眼法要などの儀式を行ってもらわないとご遺骨の移動もままなりません。とかくに墓じまいは手間暇のかかる作業ではあります。【墓じまい】お墓を整理して埋葬し直す手続き

サラリーマン以外で安定収入を得るのはほとんど無理ゲー!?

安定収入と言えばサラリーマンという働き方があります。
サラリーマン以外で安定収入を得る働き方はそうそう見つかるものではありません。
でも、探せば見つけられるのも事実です。
たとえば、今わたしが書いているブログです。
スマホやインターネットがすでに当たり前になっているこの時代、ブログで安定して収入を得ることも不可能ではありません。
でも、ブログで安定収入を得るためには、サラリーマンで稼ぐ以上に過酷なことなのかもしれません。
なぜかいうと、ブログを書いたとしても、稼げないかもしれないし、稼げたとしても毎日ブログを書き続けていかないといけないからです。
1年や2年ブログを書き続けたとしても全く稼げないという話はよく聞きます。
でも、実際にブログで稼げている人がいる以上、ブログで稼げるのは事実です。
ブログで稼げるようになるには、まず毎日ブログを書き続けていくことが大切です。
毎日記事を書いているとそのうち書くのが嫌になることもあります。
それでも毎日ブログを書き続けるという粘り強さが必要です。
安定収入の方法を確立するのは容易いことではないということですね。
でも、なんとかして収入を得たいと思っているので、わたしは毎日記事を書き続けています。
そのおかげか、少しずつ記事を書くことに抵抗がなくなってきているように思います。
記事を毎日書くコツは、なにも記事を書きまくるばかりではありません。
ブログで稼げるようになるには数年単位という長期戦を覚悟しなければいけません。
そのためにはブログを書きやすい環境を整えることが大切です。
たとえば、ブログを書くためにはパソコンが必要ですが、快適に使うために少しグレードの高いパソコンを買ってみるのもいいでしょう。
それ以外に、ブログを書いている最中に好きなBGMを流すためのスピーカーを設置してみるのもおすすめです。
少しでもモチベーションが上がるような工夫をすると、ブログを書くのも楽しくなっていくのではないでしょうか。
意外な方法ですが、お気に入りの腕時計を付けるというのも1つの方法です。
お気に入りの腕時計なら時間を確認するたびにモチベーションがあがるはずです。
わたしが最近気になっている腕時計は、ヴェアホイです。
北欧デンマークのコペンハーゲン発祥のシンプルで美しい腕時計です。
文字盤にはなんと天然の木材が使われています。
日本での実店舗は存在しないので、ヴェアホイの腕時計を手に入れるなら、公式通販サイトで購入することになります。
ヴェアホイ 通販
付け替え用のストラップベルトも一緒に買っておくと、同じ腕時計にもかかわらず、また違った雰囲気を味わうことができるのでおすすめです。

アップルウォッチもいいけどアナログ時計の魅力も捨てがたい

最近、テレビを見ていると、手にアップルウォッチを付けている芸能人を見かけます。
アップルウォッチは、iphoneで有名なアップル社が販売しているスマートウォッチです。
まあ、その名のとおり時計なので、時間を見ることができます。
でも、スマートウォッチは時間を見るものというよりも、健康管理やスケジュール管理が主な目的と言っても過言ではないでしょう。
わたしは、初めてアップルウォッチを知ったときは、「こんなもので何ができるというのか」とちょっとあなどっていました。
ところがしばらくすると、その人気は世間的にジワジワと高まっていることに気づきました。
特に「成功者」と呼べるような、お金持ちの人たちがアップルウォッチをこぞって絶賛しているようなのです。
「そんなにいいものなんだろうか?」とちょっと半信半疑でしたが、わたしも物は試しと買ってみることにしました。
実際に、アップルウォッチを使ってみた感想としては、「地味に便利」というものでした。
たとえば、15分だけ仮眠をとりたいと思ったら、アップルウォッチに向かって「タイマー15分!」と言えば、アップルウォッチが15分後にアラームを鳴らして起こしてくれます。
たった15分の仮眠でも、そこそこ深い睡眠になって、起きたあとはものすごくすっきりして、リフレッシュした状態でまた仕事に臨めます。
アップルウォッチが起こしてくれるので、寝過ごすことはまずあり得ません。
料理をしているときも、キッチンタイマーを使う必要がなく、アップルウォッチにタイマーをセットすれば、お鍋が噴きこぼれることもありません。
アラーム以外にも水分補給のタイミングを知らせてくれたり、iphoneが無くてもグーグルカレンダー上のスケジュールを確認できたりと、なかなか便利です。
スマホのように無ければ絶対困るというほどではありませんが、あると地味に便利です。
時間や健康の管理が簡単に、かつ正確にできるので成功者と呼ばれる人たちに受け入れられる理由がわかったような気がします。
アップルウォッチを上手に使えば、時間を上手に活用でき、最終的には安定収入へとつながっていくのではないでしょうか。
このように、たしかにアップルウォッチは便利ですが、最近はアナログ時計に魅力を感じるようになりました。
もしかしたら、アップルウォッチにちょっと飽きてきたのかもしれません。
ノードグリーンの腕時計はシンプルで美しいデザインを採用しています。
また、価格は、20,000円~30,000円ぐらいとお手頃です。
ノードグリーンの公式サイトではクーポンが配布されているのでかなり安い値段で買うことができますよ。
プレゼントとしても最適です!
ノードグリーン 店舗

わたしが安定収入のために実践していること

安定収入を目指すためには、まず、健康的な体はかかせません。
サラリーマンでも当然なことですが、独立する場合は特に健康には気を配らなければいけません。
会社に勤めていれば、仮に病気になって休むことになったとしても、有給休暇があるので、給料が減ることはありません。
でも、独立した場合は健康も含めて全て自己責任になります。
病気で寝込んでしまうようなことになれば、収入が減ってしまいます。
だから、仕事以外にも健康には十分気をつけなければいけないんですね。
わたしが実践している健康維持の方法の1つとして、ウーロン茶があります。
ウーロン茶を飲むとお通じが良くなります。
ペットボトルのウーロン茶ではなく、ウーロン茶のティーパックを買ってきて、自分で沸かして飲んでいます。
これなら、かなり安く抑えられるし、保存料も入っていないので一石二鳥です。
お通じが良くなると、仕事への意欲も高まるのでウーロン茶を生活に取り入れて良かったと思っています。
ウーロン茶は確かに健康的なお茶ですが、頻繁に飲んでいるとさすがに飽きてきます。
この問題をなんとかできないかと思案していた時、テレビでやっていた美爽煌茶(びそうこうちゃ)のCMが目に止まりました。
美爽煌茶はお通じがなかなか来ない人のために開発された健康茶です。
アップルティーのような味がして、毎日おいしく飲むことができます。
アマゾンや楽天などの店舗でも買うことができるので簡単に手に入ります。
びそうこうちゃ 店舗
言ってみれば紅茶感覚で飲めるので、ミルクを加えてミルクティーにしたり、レモンを添えてレモンティーのようにして飲むことができます。
ほかにもいろいろアレンジができそうなので、飽き防止になりそうな健康茶です。
ウーロン茶もいいですが、美爽煌茶を生活の中に取り入れてみるのもいいかなと感じました。
お通じが来ないと、体に毒素がまわってしまい、便秘以外にも肩こりや冷えなどの症状が現れます。
わたしの場合、「今日はなんだか体が重いな」と感じるときは大体お通じが来ていないことが多いです。
ウーロン茶を飲むとお通じが促されているようで、お通じの後はものすごく体が軽くなります。
必ずというわけではありませんが、今のところ、ほとんど毎日お通じが来ているので健康的な生活をおくれ、仕事にも集中できています。
仕事で結果を出すためには、絶対に健康的な体が必要なんだなぁと実感しています。
今後も一生、この状態を維持できるようにいろいろ工夫していく必要がありそうです。

サラリーマンは安定した働き方では無いことに気づいたかも

日本国内の就労者で最も多い働き方はサラリーマンです。
ほとんどのサラリーマンは、1週間のうち、5日間。
そして、1日24時間のうち、約8時間という時間を会社に売って収入を得ています。
朝起きて身支度を整え、毎日同じ時間に出勤しています。
出勤途中で見かける人たちは一度も話したことがない他人ですが、知っている顔ばかりです。
見かけるタイミングもほとんど同じだったりしますよね。
家を出て、100メートルほどの直線の道を歩ているとき、向こうから定年間近と思われるスーツ姿の男性が歩いてくる、曲がり角を曲がる5メートルぐらい手前のところで、目の前を自転車に乗った女性が通り過ぎていく。
ホームにつけば、スーツ姿の30代ぐらいの丸坊主の男性が先頭車両の2番目の乗降口の位置で電車を待っているなどなど。
わたしを含め、「みんな毎日規則正しく会社に行っているんだなぁ」と感じる瞬間です。
逆に、他の人たちもわたしをそういうふうにいつも見ているんだろうかとも思ってしまいます。
毎日これを繰り返していれば、給料日には会社から給料が自分の銀行口座に振り込まれます。
今まではサラリーマンは安定した収入を得られる働き方だと信じていました。
でも最近、それは幻想だったかもしれないと思うようになりました。
なぜかというと、これまでの日本では、よっぽどのことがない限り、リストラされることはありませんでしたが、最近のニュースを見ていると、大手企業であってもリストラを進めることが多くなってきましたよね。
リストラ対象となる年齢は40歳以上の人が多いようです。
40歳ともなると、よほどの能力がない限り、転職するのは難しいはずです。
若いうちはそれほど問題には感じませんが、40歳以降の人生を考えると、サラリーマンは必ずしも安定した働き方であるとは限らないと言えるのではないでしょうか。
こうなってくると、重要になるのは副業です。
会社の給料がもらえるうちに、給料以外のしっかりとした収入源を確保しておくことが大切です。
副業といってもいろいろありますが、理想的なのは不労所得です。
たとえば、不動産投資ですね。
優良物件を所有していれば、働かずとも毎月安定して家賃収入が得られます。
不動産投資と聞くと、経験のない人からするとものすごく難しそうに思うかもしれませんが、意外とそうでもありません。
情報を集めるにしても、無料で集めることだってできます。
不動産投資コンサルタントのリアネストでは初心者に向けて無料面談を実施しています。
無料面談後、しつこいセールスによる迷惑電話がかかってくることもないので安心してうけることができます。
リアネスト 迷惑電話
この先、サラリーマンは安定した働き方と考える人は少なくなっていくでしょう。
会社から給料がもらえるうちに、給料以外のしっかりとした収入源を確保するように行動していきましょう!

読書は有益!でも眠くなってしまうのをなんとかしたい

サラリーマンという職業は毎月会社から給料が出るので、一般的には安定した職業と思われています。
毎日かかさず会社に行ってさえいれば、とりあえず収入が確保できますからね。
会社に所属していなくても稼げるという人は、圧倒的少数派でしょう。
でも、今の時代、会社に所属しないで稼いでいる人はたくさんいます。
ここ数年で爆発的に知名度を上げたyoutubeで生計を立てている人も増えましたよね。
そうはいっても、youtubeで十分生活をまかなえる金額を稼げる人は、ごく少数です。
それでも、一昔前に比べると、会社に所属しないで稼ぐというハードルは下がりつつあるというのは間違いないでしょう。
ここ20年のうちにITの技術は飛躍的に進化しました。
パソコンからスマホに移り変わり、スマホ1台あれば仕事ができる時代になりました。
そのスマホも年々進化し続けています。
このような進化するスピードの速さは過去のどの時代をみてもなかったはずです。
進化のスピードはこれからもどんどん速くなっていくでしょう。
スマホが普及し、疑問に思ったことはいつでもどこでも調べられるようになりました。
スマホがあれば、大抵のことは数分で答えを得ることができます。
情報過多の状況なので、情報の取捨選択がとても難しくなっているのも事実です。
情報の取捨選択をするためには、どうすればいいのでしょうか?
その方法の1つは読書です。
昔からある通りの読書というアナログな手法は今でも十分通用する手段です。
むしろ、情報が散在しているインターネットよりも、本のほうが情報が体系的にまとめられているので効率的です。
ほぼ無料のインターネットに比べ、お金はかかるし、読破するまでに時間もかかりますが、得られるメリットは大きいです。
読書するとすぐに眠くなるという人も多いのではないでしょうか。
眠くなってしまう理由としては、睡眠不足が挙げられます。
十分な睡眠をとるためには7.5時間必要と言われています。
現代人でこれだけの睡眠時間を確保できている人は少ないんじゃないでしょうか。
意外とおろそかにしがちですが、読書ですぐ眠くなる人は睡眠から見直してみる必要があるかもしれません。
読書で眠くなるもう1つの理由は血糖値です。
炭水化物たっぷりの食生活を続けていると食後、急激に血糖値が上がり眠くなってしまいます。
読書の前は炭水化物を少なめにすることをおすすめします。
ただ、体型が痩せ型の人は、炭水化物が少なくなるとさらに痩せてしまってガリガリになってしまいます。
その場合は、プッチェのようなサプリメントを取り入れてみるのがいいでしょう。
プッチェは栄養の吸収をサポートしてくれるサプリメントです。
これなら、眠くなることなく読書もはかどるはずです。
値段は少し高めですが、その分読書で知識を身に着け、より多く稼げるスキルを身につけましょう!
プッチェ 値段

いつまでたってもお金が溜まらないのはなぜ?

最近の私の悩みは何といっても収入が少ないことです。
世の中にはお金持ちの人はたくさんいるのに、どうして私はいつまでたってもお金持ちになれないのか考えてみました。
今までの人生を振り返ってみて、お金持ちになれなかった理由は・・・
たくさん心当たりがある! (笑
一生懸命がんばってきたつもりだったけど、それはただ真面目にがんばってきただけ。
毎日会社に行って毎日同じ仕事を繰り返していても、そりゃ収入は上がりませんよね。
ある意味、思考停止していたんでしょうね。
サラリーマンは安定した職業と思われがちですが、それは昔の話。
今の時代、サラリーマンはものすごくリスキーだと思うようになりました。
毎日会社に行っているだけでは何も好転しません。
好転したとしても、多少給料が上がるぐらいでしょう。
数千円、数万円程度の給料アップに何の意味があるのか。
東日本大震災、コロナウィルスなど、信じられないことを目の当たりにすると、会社に依存しないで稼げる能力を身につけないといけないと思うようになりました。
でも、いきなり会社を辞めて自立するなんてことはかなり無謀と言えます。
そうなるとやっぱり副業ですよね。
ITの現場では、慢性的に人手不足が続いています。
プログラミングスキルを身に着けることができれば、収入アップも夢ではないかもしれません。
最近はプログラミングスクールもよく見かけるようになりました。
ジム通いもいいですが、プログラミングスクールに通うほうが人生を有利に進められると思いませんか?
プログラミングスクールでおすすめなところが、コーチテックです。
自分に合ったオーダーメイド教材を提供してくれて、専属コーチがついてくれます。
単に授業やって終わり~というようなことはありません。
結果にコミットするプログラミングスクールです。
無駄がなく効率的に学習できるので、他のスクールに比べ、値段も良心的です。
コーチテック 値段
プログラミングのような強力なスキルを身に着けたいものですね。
もし身に着けることができたら、パソコンがあればどこでも仕事ができるという夢のような生活スタイルが手に入ります。
毎日毎日会社に行く必要もありません。
なによりも、満員電車に乗らなくなるだけで人生勝ち組だと思ってしまいますよね。
コロナウィルスで混乱中の今ならなおさらです。
パソコンとインターネット環境があれば稼げるという時代になっているのに、それに気づいていない人は多いと思います。
気づいてはいるけど、やる前からあきらめているのかもしれません。
このことに気づけた私は、安定収入に向けて一歩踏み出せたと思っています。